有田 まゆう 自己紹介へ

注文住宅におけるセミオーダーとは?メリット・デメリットをご紹介!

2022/01/28(金) お役立ち情報

注文住宅を建てる際に、セミオーダー式を検討している方も多いと思います。
そこで今回は、セミオーダー式の長所と注意点について詳しく紹介します。

□セミオーダー式でできることとは?

基本的な住宅の仕組みはあらかじめ決まっていますが、浴室・キッチンの設備やデザインをご自身で決められるのが、セミオーダー住宅です。

まずセミオーダー住宅ならば、いくつかの選択肢の中から希望の間取りを選ぶ方式となります。
また先ほども紹介した通り、水回りの設備もいくつかのメーカーのシリーズが選択肢として与えられるのでその中から選べます。
さらには、住宅の外壁やリビングの壁のデザインや色合いは自由に選べる場合が多いです。
他にも床材も自由に選べるため、多くの方が思っている以上に自由が利く形式だとわかります。

□セミオーダー住宅の長所と注意点について紹介します!

セミオーダー住宅の1つ目の長所は、様々なエリアの中で土地を建てられることです。
建売住宅は物件の場所がすでに決まっているため、自由に立地を選べません。
一方で、セミオーダー住宅ならば、住宅を建てたい土地をまず探して選べるため、通勤・通学・近所付き合いなどを考慮して決められます。

2つ目の長所は、組み合わせ次第では自分だけのオリジナルな住宅が建てられることです。
セミオーダー住宅における選択肢の数は100種類以上にも及び、土地の形や広さによっても大きく変えられます。
さらには、キッチンや浴室の設備やデザインも自由に変えることで、ご自身のライフスタイルに合った理想の住宅を完成させられます。

3つ目の長所は、品質や工期にあります。
セミオーダー住宅は、建材・設備・間取りが標準化されているため、一定以上の品質が担保されているだけでなく、工事期間も比較的短くて済みます。

一方で、セミオーダー住宅の1つ目の短所は、設計に自由が利かない場合もあることです。
当然ですがフルオーダー住宅と比べたときに、間取りの変更ができなかったり、設備やデザインも与えられた選択肢からしか選べないため自由度がないとも言えるでしょう。

また2つ目の短所としては、土地の形状によっては対応不可能な場合があるということです。
例としては、形がいびつすぎたり、とても細長かったりする場合には対応できないかもしれません。

□まとめ

今回はセミオーダー住宅について詳しく紹介しましたがいかがだったでしょうか。
セミオーダー住宅を検討している方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。


匠アトリエフォーのLINE公式アカウント・この機会にぜひお友だち登録をお願いします♪

↓友だち追加はこちら↓

友だち追加

家づくりのお役立ち情報やイベント情報などを定期的にお届けしていく予定です。

1ページ (全14ページ中)