おうちコラム&ブログ

有田 比呂志 自己紹介へ

家づくりを検討中の方へ!階段の種類とリビング階段について紹介します!

2021/05/28(金) お役立ち情報

家づくりを検討中の方で
「階段にはどんな種類があるのかな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
初めての家づくりではわからないことも多いでしょう。
そこで今回は、階段の種類別にそれぞれの特徴をご紹介します。
リビング階段にするメリットも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□階段の種類別に特徴を紹介!

階段にはどのような種類があるのでしょうか。
ここでは4つの種類の階段について紹介します。

1つ目は、直線階段についてです。
これは1階から2階までを直線で結ぶ階段で、占有する面積が少なく階段の下部を収納スペースに仕立てられます。
しかし、急な勾配になることもあるため安全面を考える必要があるでしょう。

2つ目は、折れ階段です。
これは建物の隅に配置する際に使用されることが多いでしょう。
必要な面積は少ないですが、踏む面積に大きな差が出ることから安全面に注意する必要があります。

3つ目は、折り返し階段です。
この階段のメリットとしては、途中に踊り場があることから仮に階段で足を踏み外しても転がり落ちる段数が最小にとどまることが挙げられます。
ただし、他の階段と比較して、設置スペースを広く確保する必要があるので注意しましょう。

最後は、螺旋階段です。
これは階段の種類の中でも、最もわずかなスペースで済む階段です。
しかし、踏み面が全て三角形に近い形であるため踏み外さないように注意が必要です。

□リビング階段にするメリットとは?

上記では階段の種類ごとの特徴を紹介しました。
階段には主に4種類があり、それぞれに特徴がありましたね。
では階段はどこに設置すると良いのでしょうか。
ここではリビング階段の魅力を2つ紹介します。

1つ目はリビング階段にすることで、1階から上にいる子供たちに声がかけられるようになる点です。
家の中にいる子供の様子も身近に感じられ、コミュニケーションが取りやすくなることはとても魅力的でしょう。

2つ目は、おしゃれな階段をリビングに取り入れることで、部屋全体の印象がかっこよくなるという点です。
階段をインテリアの一部と考えることで、デザイン性が高くなるでしょう。

□まとめ

今回は階段について、種類とリビング階段の魅力について紹介しました。
リビング階段があることで、子供たちとのコミュニケーションが簡単に取れ、おしゃれな空間になることがおわかりいただけたでしょう。
家づくりを検討される際に、この記事を参考にしていただけると幸いです。

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ