有田 まゆう 自己紹介へ

吹き抜け廊下の魅力!空間の広がりと心地良さを手に入れる方法をご紹介!

2023/09/27(水) お役立ち情報

吹き抜け廊下は、家の内部に開放的な空間を持ち込むためのスタイリッシュなデザインです。
一方、吹き抜け廊下のデザインや機能性には多くの選択肢があり、どのように設計すれば魅力を引き出せるのか、迷ってしまう方も多いでしょう。
そこで、この記事では吹き抜け廊下の真の魅力と、その設計上のポイントをご紹介します。

□吹き抜け廊下のメリットについて3つ紹介!

以下に、吹き抜け廊下の3つの主なメリットについて詳しく説明します。

*採光性が向上

2階からの日光が1階まで届くことで、照明を頼りにしなくても廊下が明るくなります。
窓が少ない狭い廊下でも、天窓からの光が室内を照らすため、暗さを感じることは少なくなるでしょう。
これにより、家全体が明るくなるだけでなく、湿気の蓄積を防ぎ、健康な生活環境を維持するのにも役立ちます。

*風通しが良好

吹き抜け廊下の存在は、家全体の風通しを大幅に向上させてくれます。
特に、梅雨時など湿度が高い時期には、この良好な風通しはカビやダニの発生を抑える助けとなるでしょう。
また、夏の暑さや冬の寒さも、吹き抜けによる効果的な空気の循環で緩和されます。

*開放的な雰囲気が生まれる

廊下は家の印象を大きく左右する部分です。
吹き抜けを取り入れることで、訪問者や家族が家に入った瞬間から開放的な雰囲気を感じられます。
また、視覚的にもスペースが広く感じられるため、狭い廊下でも圧迫感を感じにくいでしょう。

□失敗しないために!こんな吹き抜け廊下には気を付けてください!

吹き抜け廊下は非常に魅力的である一方、玄関に作る場合は例外です。
通常の住宅の場合、玄関の上の吹き抜けは、意外に効果が薄いものとなる傾向があります。

理由としては、ほとんどの家の玄関は狭いため、吹き抜けを設けても大きな変化を期待するのは難しいからです。

また、家の中でも玄関は断熱性能が低く、とても冷えやすい場所。
そのため、吹き抜けを配置すると、冷え込みが一層強まる恐れがあります。

さらに、玄関には通常長時間滞在することは少ないため、吹き抜けの強みを台無しにしてしまうかもしれません。
一般的にも、玄関に吹き抜けを設けるケースは稀です。

したがって、玄関に吹き抜けを配置する際はその目的や効果をよく考慮して、設計や計画を立てなければなりません。
無用な失敗を避けるためにも、玄関の吹き抜け設計には十分な注意を払いましょう。

□まとめ

この記事では吹き抜け廊下の魅力について紹介していきました。
明るさや風通しの向上、そして開放的な雰囲気の創出が、その主なメリットとして挙げられます。
一方で、どこに吹き抜けを設けるかは慎重な選定が必要です。

当社は、お客様のニーズやライフスタイルを考慮した上で、最適な吹き抜けのデザインを提案しております。
和歌山での長年の実績と、持てる知識・技術を活かし、心を込めてお客様の家づくりをお手伝いします。

1ページ (全19ページ中)