有田 比呂志 自己紹介へ

無垢材の床とキッチンに囲まれて自然を感じる生活のメリットを解説します!

2023/10/11(水) お役立ち情報

自然の温もりを感じながら、家族との時間を大切に過ごしたい。
そんなささやかな夢を実現するカギは、家の中に無垢材を取り入れることにあります。
無垢材の床やキッチンは、家の中に自然をもたらしてくれるでしょう。
この記事では、無垢材の床やキッチンの魅力を深掘りし、その真の価値を紹介していきます。

□無垢材とはどのような素材なのかをご紹介!

無垢材とは、天然の樹木から直接切り出される一枚板のことを指します。
素材としてスギやヒノキをはじめとする多くの樹種が利用されているのです。
素材は、山から伐採された丸太を直接カットして板状に加工されます。

ただし、そのまま使用すると水分が多く含まれているため、反りや割れを防ぐために適切な乾燥処理が必要です。

また、無垢材の持つ天然の風合いや特性を長く保つためには、表面にオイルやウレタン塗装などの加工が欠かせません。
特にウレタン塗装は、木の質感を少し損なう代わりに、水や汚れに強くする効果があります。

無垢材の魅力的な特性として大きく3つの機能が挙げられます。

1つ目に、足元の温もりがあげられるでしょう。
冬の寒さを和らげ、夏の暑さを緩和してくれます。

2つ目に年月と共に色味が深まり、経年変化を楽しめます。
家と共に人生を過ごす感覚は趣を感じさせますよね。

3つ目に調湿機能です。
無垢材は、乾燥や湿度の変化により、自らの水分量を調整し、常に最適な環境を作り出してくれます。

□無垢材の床をキッチンに取り入れても大丈夫?

キッチンの床材として「無垢材」を選ぶことは考えたことがありませんか。
自然の風合いと優れた肌触りを持つ無垢床は、リビングやダイニングでの使用が一般的ですが、キッチンにも適しています。

近年、ダイニングと直接つながるオープンキッチンのデザインが増えてきました。

このような間取りでは、リビングやダイニングが無垢床であれば、キッチンも無垢床にすることで、一貫性のあるデザインとなります。
段差や接続部分を気にすることなく、スムーズなデザインが実現するのです。

さらに、キッチン作業中の立ち姿勢を考慮すると、無垢材の柔らかさは足や腰に優しく、長時間の作業も疲れにくくなります。
一般的なタイルの床とは異なり、無垢材は冷たさを感じさせず、温かみを感じさせるでしょう。

□まとめ

この記事では、家の中に自然の温もりをもたらす無垢材の魅力やキッチンでの使用について紹介しました。
無垢材は、天然の風合いや優れた肌触り、足元の温もり、経年変化の楽しみ、そして調湿機能といった多くのメリットを持っています。
当社は和歌山で、このような自然素材を活かした家づくりを強みとしています。
家づくりの際は、当社へのご相談をお待ちしております。

1ページ (全19ページ中)