おうちコラム&ブログ

有田 比呂志 自己紹介へ

マイホームを建てたいとお考えの方に向けて!水回りのポイントを解説します!

2021/05/06(木) お役立ち情報

新築住宅の購入を検討されている方の中には住宅の設備にこだわりがあるといった方もいるのではないでしょうか。
特にトイレやお風呂といった水回りは日々の生活の中で必ず使用するものなので、後悔したくありませんよね。
そこで今回はマイホームを建てたいとお考えの方に向けて、水回りのポイントをご紹介します。

□おすすめの水回り例

住宅の水回りの間取りを考えていく上でいくつか参考にしておきたいモデルが存在します。
ここではそのモデルについてご紹介します。

まず挙げられるのが脱衣所とキッチンを隣接させた間取りです。
日常の家事の中で多くの時間を費やすのは食事の準備と洗濯ですよね。
それらの家事を行う場所を隣接させておくことで家事動線が短くなるため、日々の家事の効率を高められます。

次に挙げられるのは勝手口を設けたキッチンです。
最近ではインターネット通販で食品やペットボトル飲料などを購入される方が増加しています。
その際、受取先が玄関であると重い荷物をキッチンまで運ぶ必要がありますよね。
キッチンに勝手口を作っておけば、重い荷物をそのままキッチンに運べるのでおすすめです。

以上が参考にしておきたい水回り例になります。

□水回りで気を付けたいポイント

先ほどご紹介した内容に加えて、水回りの間取りを考えていく上ではいくつか考えておきたいポイントが存在します。

1つ目にポイントとして挙げられるのは、水回りを1階に設置するか2階に設置するかということです。
水回りを2階に設置すれば周囲の住宅からの目線を気にすることなく快適に利用しやすいというメリットが存在します。
一方、デメリットとしては音が1階に響いてしまう可能性があることが挙げられます。
特に1階に寝室があると、夜間に家族が水回りを使用した際に寝室で寝ている方を起こしてしまうといったこともあるため、注意が必要です。

2つ目に挙げられるのはコスト面です。
水回りはまとめることでコストカットできる可能性があります。
例えば、お風呂とキッチンの距離が遠い場合は、それぞれ配管を伸ばしていく必要がありますよね。
配置場所をなるべく近づけておけば、コンパクトに配管をまとめられるのでコストカットにつながります。

以上が水回りを考えていく上で気を付けたいポイントになります。
間取りを考えられる際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

□まとめ

今回はマイホームを建てたいとお考えの方に向けて、水回りを考える上でのポイントをご紹介しました。
ご紹介した内容を参考にして、水回りの間取りを考えていただければ幸いです。
また、当社ではお客様のご希望に合わせた家づくりを行っております。
注文住宅にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ