おうちコラム&ブログ

米森 摩優 自己紹介へ

家づくりをお考えの方へ!快適なリビングにするポイントをご紹介!

2021/06/16(水) お役立ち情報

「こだわりの住宅にしたいがどこから考えればよいかわからない」
「快適なリビングで素敵な住宅を叶えたい」
家づくりをお考え中で、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、リビングに求められる条件とリビングの照明選びをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

□マイホームのリビングに求められる条件とは?

その条件は、主に3つあります。

1つ目は、広さです。
家族が最も集まるスペースで来客をもてなす場でもあるリビングは、開放感を演出するためにもある程度の広さが必要です。
ただし、開放感を感じるには間仕切り壁の有無や天井の高さも影響するため、視線の通りやすさにも配慮しましょう。

2つ目は、採光や通風です。
太陽の光がたっぷりと注いで心地よい風が通るリビングは非常に快適で、家族も自然と集まるでしょう。
十分に採光がとれるリビングには、日中に照明が不要となるような窓の配置と大きさが重要です。

また、リビング内の換気がしやすいのも大切です。
リビングは、調理のにおいが流れてきたりソファやラグなどの布製品に湿気がたまったりするため、換気が必須の場所です。
自然の空気がリビング内を循環するような窓の配置を考えましょう。

3つ目は、断熱性です。
夏は涼しく冬は暖かいリビングを維持できると非常に快適ですし、電気代の節約にもなります。
そのためには、外気温に左右されない断熱性に優れた構造が必要になります。

□実用性とデザイン性を考えた新築リビングの照明選びをご紹介!

リビングは家族全員が食事や団らんで過ごす場所となります。
また、小さなお子さんがいる家庭なら、リビングで宿題や勉強をする機会もあるでしょう。
そのため、新築のリビング照明は用途によって明るさや色調を変えられるものがおすすめです。
たとえば、お子さんが勉強をするときは昼白色の照明、ご夫婦でくつろぐときやみんなで映画を見るときは温かみのある電球色に変えられると非常に便利です。

さらに、広い新築リビングであればダウンライトも良いでしょう。
暗くなりがちな端のスペースも明るくなり、デザイン性が向上してリビング全体がおしゃれに見えます。

□まとめ

今回は、家づくりで快適なリビングを叶えたいという方に向けて、マイホームのリビングに求められる条件をご紹介しました。
また、実用性とデザインを考慮したリビングの照明選びについてもご紹介しました。
この記事を参考に、快適なリビングを叶えて素敵な家づくりを実現させてくださいね。

記事一覧|2021年06月

ページトップへ