有田 比呂志 自己紹介へ

木造と鉄骨の違いを解説!新築住宅選びのために比較してみました!

2023/10/27(金) お役立ち情報

新築住宅を建てる際、重要な選択の一つが「木造か鉄骨造か」です。
この選択は、将来の住み心地やメンテナンス、さらには家計にも大きな影響を与えます。

しかし、多くの人がこの重要な選択について十分な知識がないため、後悔するケースも少なくありません。
この記事では、木造と鉄骨造の基本的な特徴からメリット・デメリットまで、比較解説します。

□鉄骨造と木造の基本的な特徴について紹介!

鉄骨造は、建物の骨組みに鉄骨を用いた住宅構造のことを指します。
実は鉄骨の厚みに応じて、軽量鉄骨造と重量鉄骨造の二つにわかれます。
一般的な戸建て住宅でだと、厚さが6mm以下の鋼板で作られる軽量鉄骨造がよく採用されているのです。

一方で、重量鉄骨造は厚さ6mm以上の鋼板を使用し、主にマンションやビル、大型商業施設で見られるでしょう。

木造住宅は、その名の通り、主要な構造部分に木材を使用しています。
日本の気候や風土にマッチした設計がしやすく、長い歴史を有しています。
日本は木材資源が豊富であったため、現在でも多くの住宅が木造です。

□鉄骨と木造のメリット・デメリットを比較

先ほど紹介した通り鉄骨と木造はそれぞれ違った特徴をもちます。
それぞれには独自の利点と欠点があり、これらを理解することで、より適切な選択が可能となるでしょう。

木造住宅は、断熱性と調湿性に優れています。
これは、木材が熱を伝えにくく、湿気を吸収する特性に起因しているのです。

また、地震発生時には木材のしなりやすさが揺れを吸収し、安全性を高めます。
火災においても、木材の中心部は炭化するため、倒壊のリスクが低いのです。

一方で、鉄骨造住宅は間取りの自由度が高いというメリットがあります。
鉄骨の強度と多様な寸法により、大開口や特殊な形状の間取りも可能です。

さらに、木造住宅は基本構造金属であるため、シロアリなどの害虫に対する耐性があります。
品質も安定しており、作業員のスキルに依存することが少ないこともメリットの一つかもしれません。

ただし、木造住宅はシロアリ対策が必須であり、鉄骨造住宅は地盤補強や建築コストが高くなる可能性があります。
また、鉄骨は高温に弱く、火災時には倒壊のリスクが高まります。

このように、木造と鉄骨造にはそれぞれ特有のメリットとデメリットが存在します。
断熱性や調湿性、地震耐性などを重視するなら木造が適しているかもしれません。
一方で、間取りの自由度や害虫に対する耐性、品質の安定性を求めるなら鉄骨造がこれらの強みを持つでしょう。

当社では、現代の技術を用いて末永く住める伝統的な木造建築を手がけてまいりました。
土地探しから皆さまの理想を実現するためにサポートし、品質にも安定性がございますので、自然素材を用いたい方はぜひ当社までご相談ください。

□まとめ

この記事では、新築住宅を選ぶ際の大きな選択肢である「木造か鉄骨造か」について、その基本的な特徴からメリット・デメリットまで解説しました。
木造住宅は断熱性や調湿性、地震に対する強さがありますが、シロアリ対策が必要です。

一方、鉄骨造住宅は間取りの自由度や害虫に対する強さがありますが、地盤補強や建築コストが高くなる可能性があります。
品質と安定性に優れた自然素材を用いた住宅をご希望の方は、ぜひ当社までご相談ください。

1ページ (全19ページ中)