有田 比呂志 自己紹介へ

高気密高断熱住宅とは?住むときのメリットと注意点を紹介!

2023/09/15(金) お役立ち情報

近年、高気密高断熱の住宅を選ぶという方も増えてきています。
気密性、断熱性が高いことは快適に暮らしていくうえで多くのメリットがあります。
しかし、メリットばかりではなく、注意点を押さえておくことも必要です。
今回は、高気密高断熱の住宅について紹介していきます。

□高気密高断熱住宅のメリットとは?

気密性、断熱性を高めた住宅にすることのメリットを紹介していきます。

1.光熱費が節約できる
高気密高断熱住宅は、外気温の影響を受けにくいことから、空調設備の温度を調節する頻度が減らせます。
温度を一定に保っておけるため、光熱費が節約できるのです。

2.ヒートショックのリスクが軽減される
ヒートショックとは、周りの環境の温度が変化することで血圧が急降下または急上昇してしまうことです。
高気密高断熱の住宅であれば、住宅内で温度変化が起こることが少なくなるため、ヒートショックのリスクも軽減されます。

3.家の寿命をのばす
高気密高断熱住宅は温度が一定に保たれることから結露が発生しにくいという特徴もあります。
結露は住宅を劣化させる1つの要因にもなることから、結露が発生しにくい環境というのは家の寿命をのばすことにもつながっているのです。

4.室内干しが乾きやすい
断熱性や気密性が高いと湿度も遮断されます。
空調設備を使って空気を計画的に入れ替えられるため、梅雨の時期でも生乾きの心配がなくなるでしょう。

5.防音効果がある
気密性が高いことから、音が外に漏れるのを防いでくれるというメリットもあります。
小さな子どもやペットがいる家庭では近所に迷惑をかけてしまうという不安がなくなります。
また、外からの音も遮断できるため、騒音に悩むことも少なくなります。

□高気密高断熱住宅の注意点とは?

高気密高断熱住宅のメリットを紹介していきましたが、注意しておくべきポイントも抑えておきましょう。
注意点は主に2つです。

*換気が必要であること

外からの空気が入りづらいというのはメリットではありますが、反対に、中の空気が外に出にくいというデメリットにもつながっています。
シックハウス症候群を防ぐという観点からも換気は十分に行う必要があります。

*石油ストーブの使用に注意

冬の寒さ対策として石油ストーブを使うという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、高気密高断熱住宅で石油ストーブを使うと、換気が追い付かなくなり一酸化炭素中毒を引き起こす危険性があります。
換気を頻繁に行うか、他の暖房器具を使用するようにしましょう。

□まとめ

高気密高断熱の住宅は、快適な暮らしを支える多くのメリットがあります。
しかし、換気を行わなければならないという注意点もあり、この注意点を理解していないと健康に問題を与える可能性もあります。
メリットとデメリットを十分に把握したうえで家づくりを進めていきましょう。

1ページ (全18ページ中)