有田 比呂志 自己紹介へ

建ぺい率計算方法について紹介!計算の基本から注意点までも解説!

2023/11/12(日) お役立ち情報

土地には様々な規制があることをご存じの方は多いでしょう。
実は土地や家を購入する際に、避けて通れない規制があります。
それは「建ぺい率」です。
土地購入に大きな影響を与える一方で、この用語を聞いたことがあるという人はほとんどいないかもしれません。

この記事では、建ぺい率の基本的な概念から計算方法、さらには地域ごとの違いや緩和条件まで解説します。
知識がないと後悔するかもしれない、土地や家の購入。
そのリスクを減らすための第一歩として、ぜひ参考にしてください。

□建ぺい率の基本知識と計算方法

建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積の割合を示す重要な指標です。
この割合は、土地の利用規模を示すものであり、計算方法は非常にシンプルです。
具体的には、建築面積を敷地面積で割り、その結果を100倍することで求められます。
例えば、敷地面積が100平米で建築面積が40平米の場合、建ぺい率は40%となります。

この数値が高いと、日照や風通しが悪くなる可能性がありますが、逆に低すぎると、土地を有効に活用できない場合があります。

建ぺい率の計算は一見簡単に見えますが、実際には多くの変数が関わっています。
例えば、建築面積とは、土地の建物を真上から見たときの面積(水平投影面積)のことです。
2階建て以上の住宅の場合は、一番面積が広い階の面積で計算する必要があります。

□建ぺい率の地域ごとの違いと緩和条件

建ぺい率は地域によって異なるため、土地の位置や特性によって適用される建ぺい率が変わることがあります。
特に角地や防火地域では、建ぺい率が緩和されるケースも。
これらの条件を満たす場合、計算方法や注意点が変わることもあるので、それを理解しておくことが重要です。
例えば、一般的には建ぺい率が60%の地域でも、特定の条件下では70%まで許される場合があります。

地域によっては、建ぺい率以外にも多くの制限が存在します。
用途地域によっては、建物の高さや床面積にも制限がかかる場合があるのです。

一方で、これらの制限は、日照や風通し、さらには防火や防災にも関わってくるものです。
したがって、土地を購入する前に、これらの制限をしっかりと確認することが欠かせません。
当社では住宅建設のみならず、その土地探しからサポートしております。
土地購入に不安を感じる方はぜひ当社までご相談ください。

□まとめ

土地や家を購入する際には、建ぺい率の理解が不可欠です。
土地の利用規模を制限する重要な指標でありますが、計算方法は比較的簡単であると言えます。
土地や家を購入する際には、予算ももちろんですが建ぺい率をはじめとする規制も考慮に入れる必要があります。
自然素材を活かした家づくりがしたい方はぜひ当社までご相談ください。
当社では土地選びからサポートしていますので初めての土地選びでも安心してご利用ください。

1ページ (全19ページ中)