有田 比呂志 自己紹介へ

LDKの広さの平均はどのくらい?タイプごとに解説します!

2022/12/11(日) お役立ち情報

「LDKの広さの平均はどのくらいなのかを知りたい」
このようにお考えの方は多いですよね。
そこで今回は、LDKの広さの平均はどのくらいなのかについて解説します。
家族の人数ごとの理想的な広さがどのくらいなのかについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

□LDKの広さの平均はどのくらいかをタイプごとにご紹介します!

ここからは、LDKの広さの平均はどのくらいなのかについてタイプごとにご紹介します。
以下のようなものがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

・LDK一体型(ワンルームI型タイプ)
・L+DK型(L型タイプ)
これらを順に解説します。

1つ目は、LDK一体型(ワンルームI型タイプ)です。
最低限必要な広さは12畳です。
レイアウトを最大限工夫してもこのくらいの広さがないと快適に過ごすのは難しいでしょう。

ちょうど良い広さは16畳です。
余裕はあまりありませんが通路の幅をとれるほか、基本的な家具をしっかりと配置できるちょうど良い広さです。

余裕のある広さは18畳です。
基本的な家具を配置しても余裕があるので、ほかに物を置けます。

2つ目は、L+DK型(L型タイプ)です。
最低限必要な広さは13.5畳です。
家具を効率的に配置してもこのくらいの広さがなければ快適に過ごすのは難しいでしょう。

ちょうど良い広さは18畳です。
このくらいの広さがあると通路幅を十分に確保可能でしょう。

余裕のある広さは20畳です。
ダイニングにもリビングにもゆとりができて家具の自由度が広がります。

□家族の人数ごとの理想的な広さをご紹介します!

ここからは、家族の人数ごとの理想的な広さはどのくらいなのかについてご紹介します。
以下のようなものがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

・2人から4人
・5人から6人
これらを順に解説していきます。

1つ目は、2人から4人の場合です。
キッチンは6畳、ダイニングは6畳、リビングは8畳くらいの広さにするのが理想的です。

2つ目は、5人から6人の場合です。
キッチンは6畳、ダイニングは7畳、リビングは9畳くらいの広さにするのが理想的です。

□まとめ

この記事では、LDKの広さの平均はどのくらいなのかについて詳しく解説しました。
家族の人数ごとの理想的な広さも参考にしてみてください。
このテーマについて気になっていた方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、家づくりをご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

1ページ (全20ページ中)