おうちコラム&ブログ

米森 摩優 自己紹介へ

家づくりに向けて!収納づくりのポイントやあると便利な収納スペースをご紹介!

2021/10/28(木) お役立ち情報

家づくりにおいて収納は悩むポイントなのではないでしょうか。
どのように収納づくりを行えば良いのか、どんな収納スペースがあれば暮らしやすい家ができるのか分からない方も多いと思います。

そこで今回は、収納のポイントとあると便利な収納スペースを紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□収納のポイントについてご紹介!

まず、収納は、数よりも使い勝手の方が大事であることを覚えておきましょう。
そのため、収納プランを伝える際には、収納がたくさん欲しいといった漠然とした内容だけを伝えるのはおすすめしません。

例えば、服をハンガーにかけたいのか引き出しに収納したいのかなどご自身の収納の使い方を今一度しっかりと把握しましょう。

片付けることが苦にならないような使いやすい収納をつくることで、お部屋を綺麗に保てますよ。

次に、自分の荷物と収納したい場所を把握しましょう。
例えば、引っ越しとともに自分の荷物を整理しつつ、何をどこに収納したいのかの目安を立てておくと家づくりがスムーズに進みます。

最後に、自分たちの予算のことも考えましょう。
収納はあると便利ですので、たくさん作りたくなってしまいますが、たくさん作るとその分お家の面積が広がるため、予算が高くなってしまいます。

また、細かく仕切られた収納も高価なものが多いです。
必要に応じて収納ボックスを配置したり、職人の方に棚だけを配置したりするなどしてコストパフォーマンス良く便利な収納を作っていきましょう。

□あると便利な収納スペースとは?参考例を紹介します!

1つ目は、小上がりのスペースの床下に引き出しを付けた収納例です。
小上がりとは、框などで囲んだ畳の部分だけ床を一段高くした間をいいます。

床下を利用するため、多めに収納を設けられます。
また、奥行きがある点も良いですね。

2つ目は、ウォークインクローゼットや納戸などを設け、季節物の収納場所を確保した例です。
これらを家族で共有できるクローゼットにして、洗濯機・物干し場の近くにおくことで、洗濯を行う際の動線を楽にできます。
個室の収納スペースを抑えられるのも良い点ですね。

□まとめ

今回は、収納のポイントとあると便利な収納スペースを紹介しました。
収納計画を決める際には、まずご自身の収納の仕方をしっかりと把握することが大切です。
しっかりとご自身の収納の仕方を把握した後、自分に合った工夫を凝らして便利な収納を作ってみてくださいね。

記事一覧

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ