おうちコラム&ブログ

有田 比呂志 自己紹介へ

注文住宅を検討している方必見!ウォークインクローゼットについて紹介します!

2021/06/01(火) お役立ち情報

ウォークインクローゼットについて興味をお持ちの方はいませんか。
注文住宅を建てる際、ウォークインクローゼットが欲しいとお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ウォークインクローゼットの基礎知識をご紹介します。
メリットとデメリットも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□ウォークインクローゼットの基礎知識についてご紹介!

ここでは、ウォークインクローゼットの基礎知識をご紹介します。

*広さ

ウォークインクローゼットの一般的な広さは2畳から3畳程度とされています。
人が中に入って、衣類などの収納しているものを出し入れできる広さが基準です。
また、広さを決める際には収納したいものの量を考えることがポイントになります。
もしもクローゼット内で身支度を済ませたいとお考えでしたら、スペースに余裕を持っておくと良いですね。

*種類

ウォークインクローゼットには大きく分けて4つの種類があります。
ここからは、それぞれについて簡単にご紹介します。

1つ目は、1型です。
手前には通路があり、一方向の壁にハンガーパイプや棚が取り付けられているタイプです。

2つ目は、2型です。
向かい合った壁両方にハンガーパイプや棚が取り付けられているタイプで、真ん中のスペースが通路になっています。

3つ目は、コの字型です。
3面の壁にハンガーパイプや棚を設置するタイプで、今まで紹介した2つよりも収納量が多いのが特徴でしょう。

4つ目は、L字型についてです。
2面の壁にハンガーパイプや棚を設置するタイプです。

□ウォークインクローゼットを設けるメリットとデメリットとは?

上記では基礎知識である広さと種類についてご紹介しました。
ここからは、メリットとデメリットをご紹介します。

まずは、メリットについてです。
メリットとして、洋服選びが楽になるということが挙げられます。
中に入って、コーディネート選びができるため便利です。
加えて、大きな荷物の収納が可能なこともメリットとして挙げられるでしょう。

次にデメリットについてです。
最大のデメリットとして通路がデッドスペースになってしまうことが挙げられます。
人が出入りするスペースがデッドスペースとなり、もったいないと感じる方もいるでしょう。

□まとめ

今回はウォークインクローゼットについて基礎知識とメリット、デメリットをご紹介しました。
注文住宅の購入を検討する際にこの記事を参考にしていただけると幸いです。
当社では第三者機関と提携し、安心の住宅検査とアフターサポートでお客様の住まいを見守り続けますので、注文住宅をお考えの際は安心してお任せください。

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ