有田 まゆう 自己紹介へ

注文住宅を建てる際の契約の流れをご紹介します!

2023/03/13(月) お役立ち情報

「注文住宅を建てる際の契約の流れを知りたい」
「契約で注意しておきたいポイントを知りたい」
このようにお考えの方は必見です。
この記事では、注文住宅を建てる際の契約の流れについて解説します。
契約で注意しておきたいポイントについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

□注文住宅を建てる際の契約の流れをご紹介します!

ここからは、注文住宅を建てる際の契約の流れについてご紹介します。
主なものを挙げると、以下の通りです。

・仮契約
・本見積もり依頼
・住宅ローンの検討と事前審査
・本契約
・建築確認申請

まずは、仮契約をしましょう。
希望を実現してくれる会社を選んで具体的に計画していく前に、仮契約を結びましょう。
申込金を支払う必要があるので、現金を用意しておく必要があります。

次に、本見積もり依頼をしましょう。
細かいことを決めたら本見積もりを依頼しましょう。
間違いがないか確認することが重要です。

そして、住宅ローンの検討と事前審査をしましょう。
ローンを借りる場合は、借りられるかどうかを審査する必要があります。
無理をしないように考えましょう。

次に、本契約をしましょう。
内容をしっかりと確認する必要があります。
ここでは手付金を支払う必要があるので、用意しておきましょう。

最後に、建築確認申請をしましょう。
計画内容が法規に合っているかを審査します。

□契約で注意しておきたいポイントをご紹介します!

ここからは、契約で注意しておきたいポイントについてご紹介します。
具体的には、以下のようなものです。

仮契約時
・もしもキャンセルしてしまった場合の申込金の返却について確認する
・申込金が高すぎる場合は慎重に考える

口頭ではなく、書面で残しておくことが大切です。
後でトラブルになってしまうリスクを軽減できます。

本契約時
・アフターメンテナンスや保証の範囲について確認する
・引き渡しが遅れてしまった際の違約金について確認する
・支払日の予定を確認する
・着工日や工事完了日、引き渡し日を具体的に決める

気を抜かずにさまざまな事柄についてミスがないように確認しましょう。

□まとめ

この記事では、注文住宅を建てる際の契約の流れについて詳しく解説しました。
契約で注意しておきたいポイントも意識するようにしましょう。
それぞれに関してのご理解をいただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
また、家づくりを考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社までお問い合わせください。

1ページ (全18ページ中)