おうちコラム&ブログ

米森 摩優 自己紹介へ

注文住宅を検討中の方へ!光熱費を抑えるためのポイントを紹介します!

2021/10/16(土) お役立ち情報

注文住宅をお考えの方で、光熱費をできるだけ抑えた家づくりを行いたいとお考えの方は多いと思います。
そこで今回は、光熱費を節約するためのポイントとZEH住宅について紹介します。
この記事を参考に、効率的に光熱費を削減できる住宅づくりを行なってくださいね。

□光熱費を節約するためには?ポイントを3つご紹介!

1つ目は、高気密高断熱にすることです。

高気密高断熱な住宅は、冷暖房で快適な温度にした室内の空気が逃げにくく、外の寒さや暑さの影響を受けにくい住宅のことを指します。
このような住宅にすることで効率よく冷暖房を効かせることができるため光熱費を抑えられます。
このような住宅にするためには、断熱材を用いて、冷たい外気をシャットアウトすることが大切です。

2つ目は、省エネ住宅にすることです。

住宅に関して、政府が省エネ基準を定めていることはご存知でしょうか。
現在では、低炭素住宅や長期優良住宅といった住宅が、省エネ住宅として認定されています。

低炭素住宅とは、省エネルギー基準を超える省エネルギー性能を備え、二酸化炭素の排出を抑える対策がされている住宅のことで、長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備に講じられた優良な住宅のことです。

これらの住宅にすることで、光熱費の削減だけでなく、税金や住宅ローンの優遇制度もあります。

3つ目は、風通しと採光に気を使うことです。

例えば、風通しに関しては、リビングダイニングを直線に風が通るような設計にしたり、隣家に面した窓を通風効果が高い滑り出し窓にしたりすることが大切です。
採光に関しては、家の南側に窓を設置し、軒やひさしを付けることで夏の強すぎる直射日光を遮れるような構造にすると良いでしょう。

□光熱費0も可能なZEH住宅についてご紹介!

ZEH住宅とは、消費エネルギーを抑えた住宅のことです。
断熱性能、省エネ性能、創エネ性能の3つの基準を満たすと、ZEH住宅として認定されます。

ZEH住宅は気密性が高いです。
そのため、冷暖房効率が良く、電気代の削減が可能です。
また、太陽光発電を取り入れることで、ご自宅で電気を作ることや余った電気の売却が可能になります。
これにより、光熱費をプラスマイナスゼロにできますし、黒字化できる可能性もあります。

□まとめ

今回は、光熱費を節約するためのポイントとZEH住宅について紹介しました。
この記事が光熱費を削減したいとお考えの方の手助けになると幸いです。

記事一覧

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ