有田 比呂志 自己紹介へ

おしゃれなビルトインガレージの事例とは?検討する際の注意点もご紹介します!

2022/10/04(火) お役立ち情報

家の内部だけでなく、外観もおしゃれにしたいとお考えの方は多いでしょう。
ビルトインガレージは、外観をおしゃれに見せる上で主流のデザインです。
今回は、家の外観をおしゃれにしたい方へ向けて、おしゃれなビルトインガレージがある家の事例と、ビルトインガレージを実現する上での注意点について解説します。

□おしゃれなビルトインガレージがある家の事例

以下では、おしゃれなビルトインガレージをもつ家の事例をいくつかご紹介します。

1つ目は、2階をリビングにし、1階の一部分をビルトインガレージにした事例です。
ガレージと玄関がつながっており、天候に左右されず快適に乗車できるうえ、大きい荷物の出し入れにかかる負担も小さくできます。

また、道路からの車の出し入れが楽な位置にガレージの向きを設定することで、事故の不安を和らげられます。
他にも、2階にリビングがあることで通行人の視線を回避でき、プライバシーの面でも安心です。

2つ目は、車二台分のビルトインガレージがある事例です。
ガレージの天井の空間をバルコニーにすることで、バーベキューのようなアウトドアを気楽に楽しめるユニークな空間を作れます。
バルコニーとリビングを窓で区切った間取りにすれば、リビング内でも外の雰囲気を味わえるおしゃれな空間にできます。

□おしゃれなビルトインガレージを実現するために注意したいこと

おしゃれなビルトインガレージを実現するうえで、見た目にこだわりすぎてはいけません。
そこには注意すべきことがいくつかあります。

1つ目は、素材選びの自由度が低いことです。
ガレージの内装の仕上げには基本的に可燃材は使用できません。
また、車の排ガスや湿気で内装が汚れる場合が多いため、メンテナンスを楽に行える素材を選ぶのが無難です。

2つ目は、ビルトインガレージだけではおしゃれさを生み出せないことです。
家をおしゃれなイメージにするには、デザインに統一感を出すことが重要です。

ガレージが洋風で近代的なデザインでも、塀や庭が伝統的な和風のデザインであれば、逆にセンスがないと思われることもあるでしょう。
家のデザインや色味に合わせて、慎重に素材を選びましょう。

□まとめ

今回は、おしゃれなビルトインガレージがある家の事例と、それを実現するうえでの注意点について解説しました。
工夫を凝らし、デザイン性に優れたセンスのある家を実現しましょう。
当社は、お客様のご希望にそった家づくりを提案します。
家の購入でお悩みの際は、当社までお気軽にご相談ください。

1ページ (全14ページ中)