有田 比呂志 自己紹介へ

リビングに吹き抜けを取り入れるメリットとは?吹き抜けの魅力を引き出そう!

2023/12/04(月) お役立ち情報

吹き抜けは、明るく開放的なリビングにしたい方、家族の絆を深められる家にしたい方におすすめです。

この記事では、吹き抜けをリビングに取り入れるメリットと拭き抜けの魅力をさらに高めるアイディアをご紹介します。
吹き抜けに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

□リビングに吹き抜けを取り入れるメリットとは?

リビングに吹き抜けを取り入れるメリットを3つ紹介します。

*自然光があふれるリビングが実現する

吹き抜けをリビングに取り入れ、2階の高い位置に窓を設置することで、太陽の光が1階部分まで届くため、明るいリビングが実現できます。
また、高い位置に窓を設置できるため、風通しも良くできます。

*開放的な空間でのびのびとできる

リビングが狭くても、吹き抜けをリビングに取り入れることで、縦空間を広げられます。
高い天井が生む開放感は、家族が集うリビングをより快適な場所に変えてくれます。
快適なリビングで家族の会話も弾み、みんなが笑顔になるでしょう。

*コミュニケーションが取りやすい

吹き抜けにすることで、1階部分と2階部分で空間をつなげられます。
そのため、視線が交わりやすい構造ができ、家族間の会話を自然に増やせます。
また、目線が合わせやすいため、相手に気持ちが伝わりやすくなるのです。

□吹き抜けの魅力をさらに高めよう!

吹き抜けのデザインをさらに魅力的にするためのポイントは3つあります。

1.快適な温環境を実現する断熱材を取り入れる
当社が用いるフォームライトSLシリーズのような吹き付け断熱材を使用することで、冬は暖かく、夏は涼しい快適な空間を保てます。

2.自然素材を取り入れる
太陽の光を十分に集められる吹き抜けの魅力を高めるために、自然素材を利用しましょう。
当社が提供する自然素材は、健康にも配慮した居心地の良い住環境を実現します。

3.スキップフロアを取り入れる
吹き抜けをリビングに取り入れると、2階部分の床面積が狭くなってしまいます。
そのため、吹き抜けを利用したスキップフロアやスケルトン階段を取り入れることで、空間を効率的に使えるのです。

□まとめ

吹き抜けのあるリビングには、リビングがより明るくなったり、開放感が生まれたり、家族間でコミュニケーションを取りやすくなったりするメリットがあります。
また、断熱材や自然素材を選ぶことで、快適性と機能性を高めながら、吹き抜けの魅力を最大限に引き出せます。

吹き抜けを用いた住宅建築に興味がある方は、ぜひ当社までご相談ください。
皆さんの理想を実現する家を一緒に建てましょう。

1ページ (全18ページ中)