有田 比呂志 自己紹介へ

吹き抜けで良かった?デザインと実用性の観点から解説

2024/02/03(土) お役立ち情報

吹き抜け設計は現代的な建築設計として多くの美術館をはじめさまざまな建築物に取り入れられています。
そんな吹き抜け設計、実際にはどのような機能的役割を果たしているのか、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
この記事では、そんな吹き抜けにしなかったことを後悔したとの声として良かったとの声を紹介します。

□吹き抜けにしなかったことを後悔した!経験者の声をきこう!

実は吹き抜けを設計しなかったことを後悔した方は多くいます。
ここでは、吹き抜けを作らなかったことを後悔した理由を紹介します。

1:開放感が足りない

吹き抜けを採用しなかったことで、家の中に閉塞感を感じる方が多いです。
特にリビングや共有スペースでの圧迫感は、日々のストレスにつながってしまいます。

2:リビングが暗い

天井が低いと自然光の入りが悪くなってしまい、リビングが暗くなってしまう問題が生じることがあります。
吹き抜けを取り入れた明るい空間は、住む人の心理にもプラスの影響を与えます。

3:家族間のコミュニケーションの減少

階層間の視覚的、音声的な隔たりが生じ、家族間のコミュニケーションが減少する傾向にあります。
吹き抜けは、家族のつながりを強化する効果が期待できます。

4:風通しの悪さ

吹き抜けがない家は、部屋間の風の流れが悪く、湿気やニオイがこもりやすい環境になりがちです。
吹き抜けをつくることで風通しが良くなるため、快適な居住環境を実現できます。

□吹き抜けの魅力と実用性とは?吹き抜けにして良かった方のメリットから探る

ここでは、吹き抜けにして良かったとの声の理由を紹介します。

*開放感と明るさ

吹き抜けは、室内に広がる開放的な空間と豊かな自然光をもたらしてくれます。
これは住まいの快適性を大きく向上させる要素といえるでしょう。

*デザイン性の向上

建築的な観点からも、吹き抜けはインテリアデザインに深みと個性を加えます。
そのため、空間の豊かな表現が可能になるのです。
さらに吹き抜けは音が広がりやすく、豊かな音響空間を生み出します。
音楽を楽しむ方にとっては、大きなメリットになるでしょう。

*自然通風と換気

吹き抜けによって空気の流れが良くなり、室内環境の健康性が向上します。
さらには温度調整の効果もあります。
高い天井により、熱気が上昇しやすく、室内の温度分布が均一化されます。
エネルギー効率の向上にも寄与してくれるのでおすすめです。

□まとめ

この記事では吹き抜けについて解説しました。
吹き抜けの設計には、開放感の欠如や暗いリビング、コミュニケーションの減少などを補います。
さらには美しいデザイン性、自然通風、視覚的な繋がりなどの多くのメリットをいもたらします。
吹き抜けにして良かった、しなかったことを後悔したとの声が多くあります。
みなさんが家づくりをする際には、吹き抜けの持つ魅力をぜひ取り入れてみてください。

1ページ (全18ページ中)