おうちコラム&ブログ

米森 摩優 自己紹介へ

家づくりをお考えの方は注目!照明の種類と場所別に照明の選び方をご紹介!

2021/09/08(水) お役立ち情報

「照明にこだわったマイホームを建てたい」
家づくりを検討中で、このような悩みをお持ちの方は多いでしょう。
そこで今回は、照明にはどのような種類があるのかご紹介します。
場所別に照明の選び方も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□照明の種類をご紹介!

1つ目は、シーリングライトです、
天井に直接設置するタイプの照明で、高い位置から空間全体を照らすので、部屋全体を明るく照らしやすいです。
また、リモコン操作で調光や調色ができる商品もあるので、ご家庭に合うものを選んでくださいね。

2つ目は、ペンダントライトです。
天井から吊り下げるタイプの照明です。

3つ目は、スポットライトです。
特定の場所を集中的に照らすための照明です。
絵画やインテリアなどを照らすことで引き立てたり、空間に表情を与えたりできます。

4つ目は、ブラケットライトです。
壁面に設置する照明で、室内だけでなく玄関灯としても人気があります。
柔らかい陰影をもたらしたり、奥行き感を演出したりしたい場合におすすめです。

□おしゃれな住まいにするために!場所別に照明の選び方をご紹介!

*リビング

リビングは、家族や来客がテレビを見たり、おしゃべりを楽しんだり、くつろいだりと、さまざまな用途で過ごす空間です。
空間をすっきりと見せたいのであればダウンライト、リビング全体を均一に明るくしたいのであればシーリングライトがおすすめです。
また、アクセントをつけたい方には、間接照明やブラケットライトを追加で設置するのも良いでしょう。

*ダイニング

ダイニングテーブルの上にはペンダントライトを採用している家庭が多いです。
テーブルの大きさや高さによって、適切なライトのサイズや個数が異なりますので、注意が必要です。
また、食事をする場なのでライトの色にもこだわってみてくださいね。

*寝室

くつろぎの空間なので明るすぎない照明がベストです。
天井灯を設置する場合は、横になった際に光源が直接目に入らないようにカバー付きの照明を選んだり、ダウンライトを選んだりすると良いでしょう。
また、天井灯を省いてブラケットライトやスタンドライトなどの補助照明だけ、もしくは間接照明だけにするのも検討してみてくださいね。

□まとめ

今回の記事では、照明にはどのような種類があるのか、また場所別に照明の選び方をご紹介しました。
ぜひ本記事を参考に照明にもこだわった理想のマイホームを叶えてくださいね。
当社では無理せず今の生活を上質にする提案をしております。
大切な家族が心と体を許す場所をつくろうとお考えの際は、ぜひ当社にお任せください。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ