おうちコラム&ブログ

米森 摩優 自己紹介へ

家づくり中の方必見!防蟻処理について解説します!

2021/08/28(土) お役立ち情報

家づくり中の皆様、シロアリなどの被害が心配という方は多いのではないでしょうか。
シロアリの被害は、どのような家でも起きる可能性があり、少しの隙間から侵入して、家の基礎に深刻な影響を与えます。
そこで、この記事では被害のリスクを下げるために行う防蟻処理について解説します。
ぜひ参考にしてください。

□防蟻処理とその必要性を解説します

シロアリの被害を防ぐために行う防蟻処理ですが、あまりその詳細を知らないという方も多いですよね。
そこで、防蟻処理の基本的な知識と、必要性について解説します。

防蟻処理とは、住宅の土台や柱などの基礎の部分にシロアリによる被害を予防する薬剤を散布することです。
木造建築であれば、地面から1メートル以内の部分に、必要に応じて防蟻処理を行うことが義務付けられています。
主な方法としては、土壌や木部の処理が挙げられます。
シロアリによる被害のリスクを少しでも下げるためには、定期的に防蟻処理を行う必要があります。

では、木造建築でなければ防蟻処理は必要ないのでしょうか。
結論から言うと、鉄筋コンクリートの場合でも被害に遭う可能性があるので、防蟻処理を行うことをおすすめします。

鉄筋コンクリートの場合、床板と立ち上がりのつなぎ目に部分に小さな隙間ができることがあります。
シロアリが一度家に侵入してしまうと、目視できない木材の内部から食害が起こります。
それを放置していると、地震などの際に家の耐久性が低いことが原因で倒壊する恐れがあり大変危険なので、木造、鉄筋コンクリートに関わらず定期的に防蟻処理を行うことをおすすめします。

□天然素材で行う防蟻処理について

弊社では、自然素材を用いて化学物質を使用せず、家族の健康を守れる家にこだわっています。
そのため、防蟻剤として天然素材の炭を用いています。

この防蟻材は、「レーベン・キュアー」という特殊な微粉末木炭と天然鉱石を配合したもので、シロアリを殺すのではなく、寄せ付けない効果があります。

さらに、加熱しても有毒なガスは発生しないため、環境にも人体にも影響がありません。
また、レーベン・キュアーは、調湿効果もあるため、床下の湿度を調節することで、湿気によって基礎が腐食することも防げます。

□まとめ

この記事では、シロアリの被害を防ぐための防蟻処理と、弊社で取り扱っている自然素材の防蟻剤を紹介しました。
天然素材にこだわった家づくりを行いたいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。
安心してお住まいいただける住宅をご提供します。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ