有田 まゆう 自己紹介へ

注文住宅で気をつけることは?失敗しがちなポイントをご紹介!

2022/02/05(土) お役立ち情報

注文住宅を建てることを検討している方の中で、集中的に考えた方が良い場所が気になっている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅を購入する際に気を付けることについて紹介します。

□注文住宅を購入する際に気を付けることをご紹介!

1つ目は「収納スペース」です。
土地の大きさが決まれば、家の大きさはだいたい決まっていきます。
そのため部屋の活動スペースを広くしようとしすぎると、その分収納スペースが小さくなってしまいます。
今の段階でモノを全部収納できていたとしても、収納すべきモノの量は季節や年月が変わっていくにつれて変化していきます。

2つ目は「部屋が余ってしまうこと」です。
当然ですが、子供の成長やライフスタイルの変化によって必要な部屋の数も変わっていくため、余ることもあります。
例えば、子供が大学生になって一人暮らしを始めたり、ご自身の単身赴任が決まったりしたときに部屋は余ってしまうでしょう。

3つ目は「外からの視線」です。
家のリビングが道路に面している場合、家の中の様子が外から分かりやすくなってしまいます。
また、隣の家との距離が近く、窓の高さや位置が同じだと、隣の家からも見えやすくなるため注意が必要となります。

他にも、快適な生活を送るために欠かせない家事動線の便利さや、生活音が寝室にまで届かないかどうかにも気を付けてください。

□注文住宅で失敗しないために大切なこととは?

1つ目は、部屋ごとの収納スペースの大きさを決めることです。
ただ家全体の収納スペースを広くしても、収納に関する問題は解決しません。
大事なのは、使いやすいように用途に合わせて収納スペースがそれぞれの部屋や間取りに確保されていることです。

2つ目は、吹き抜けの必要性について再検討することです。
確かに、吹き抜けにすることでリビングが広く見えたり、太陽光が入って明るい部屋になったりといったメリットはあります。
しかし吹き抜けには、エアコンが効きにくかったり、1階の生活音が2階にまで聞こえてしまったりといったデメリットもあるのでよく検討しましょう。

3つ目は、コンセントの配置についてです。
コンセントの配置を考える上では、家の間取りや実際の生活を想像しながら考えることが大切です。
また、コンセントの位置だけでなく高さにもこだわることが、生活を快適にするためにとても大切です。

□まとめ

今回は、注文住宅を購入する際に気を付けるべきことについて紹介しましたがいかがだったでしょうか。
注文住宅の購入を検討している方は、ぜひ一度当社にご相談ください。


匠アトリエフォーのLINE公式アカウント・この機会にぜひお友だち登録をお願いします♪

↓友だち追加はこちら↓

友だち追加

家づくりのお役立ち情報やイベント情報などを定期的にお届けしていく予定です。

1ページ (全14ページ中)