おうちコラム&ブログ

有田 比呂志 自己紹介へ

高気密高断熱の住まいの魅力とは?注文住宅をお考えの方は必見!

2021/06/28(月) お役立ち情報

和歌山にお住まいの方で、注文住宅をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
注文住宅を検討する際、高気密高断熱の住まいを聞いたことがあるかもしれませんが、イメージしにくい方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、高気密高断熱の住まいの魅力についてご紹介します。

□注文住宅の高気密・高断熱についてご紹介!

*高気密な家

気密性が高い家のことを、高気密な家と言います。
基本的に、床や天井、壁、窓枠などには目に見えない隙間があり、その隙間から空気が出入りしています。
これにより、外の温度が高いと家の中も暑くなり、外の温度が低いと家の中も寒くなります。

そこで、特殊な断熱材や建築部材、気密テープなどを使用することで、建築の際に生じやすい小さな隙間を防げます。
できるだけ隙間を作らないように工夫することで、外気に左右されることなく室内の温度を維持できる家を検討してみましょう。

*高断熱な家

断熱性が高い家のことを、高断熱な家と言います。
例えば、冬の場合、冷たい外気が窓や壁から室内に伝わるため家全体がひんやりとしてしまいます。
そこで、外壁と内壁の間に断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を使用したりすることで、室内の温度が外気の影響を受けずに済むのです。

□高気密・高断熱の住宅のメリットをご紹介!

メリットは、いつも快適な過ごしやすい温度を保ち、光熱費の削減にも繋がる点です。
高気密・高断熱の家は、外の暑さや寒さなどの外気の影響を防げるため、年間を通して快適に暮らせるのが最大のメリットです。
また、冷暖房費の削減が可能となります。
外気が侵入しにくいだけでなく、室内の空気も漏れにくいため、冷暖房効率がアップし光熱費の削減が期待できるのです。

デメリットは、建設コストがかかることと、乾燥しやすいことが挙げられます。
一般的な住宅に比べると、高気密・高断熱の家は建設コストがかかります。
遮熱性の高い設備を導入した場合、一般的に坪単価約3万~5万円の施工費用がかかると言われています。
しかし、冷暖房費の削減効果を考えれば、投資するにふさわしい住宅形態であると言えるでしょう。

また、過乾燥になりやすい点では、加湿器を置いたり、洗濯物を部屋干ししたりすることで湿度を保ちやすくなるでしょう。

□まとめ

この記事では、高気密高断熱の住まいの魅力について紹介しました。
当社は、お客様の理想の住宅を実現します。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ