有田 比呂志 自己紹介へ

玄関が広い家のメリットとは?コンパクトな玄関を広く見せる方法を解説します!

2024/06/16(日) お役立ち情報

玄関を広く見せることは、家の第一印象を左右する重要な要素です。
広々とした玄関は、訪問者に好印象を与えるだけでなく、家族にとっても快適な空間を提供します。
本記事では、広い玄関のメリットと、コンパクトな玄関を広く見せる方法について解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□玄関が広い家のメリット

広い玄関は多くのメリットを持っています。
収納スペースが充実しているため、家族全員の靴やアウトドア用品をすっきりと収められます。
また、外出準備や帰宅後のリラックスタイムをより快適に過ごせる空間が確保されます。

1:収納スペースの増加

広い玄関は、シューズクローゼットやファミリークローゼットといった大型の収納スペースを設けやすいです。
これにより、靴やコート、スポーツ用品などを整然と収納でき、日常のストレスを軽減できます。

2:外出の効率向上

広いスペースは、外出前の準備をスムーズにします。
家族が一斉に外出する際も、互いに邪魔になることなく準備ができます。
特に忙しい朝には、この効率性が大きな助けとなります。

3:車椅子の利用者にも優しい

バリアフリー設計にも適しており、車椅子を使用する家族や訪問者にとっても安心して利用できるようになります。

□コンパクトな玄関を広く見せる方法

スペースに限りがある家でも、いくつかの工夫で玄関を広く見せることが可能です。
ここでは、狭い玄関を広く見せる具体的な方法を紹介します。

1:間取りの工夫

玄関部分を広くすることで、靴などの収納スペースを確保し、狭さを感じさせない工夫ができます。
特に、玄関とリビングの間にあるホールスペースは最小限に抑え、必要な動線だけを確保する設計がおすすめです。

2:明るい色の使用

内装には、明るい色を選ぶことで、圧迫感を減らし視覚的に広がりを感じさせます。
白やライトグレーなどの色を基調とすることで、より開放的な印象にできます。

3:照明と窓の活用

上手に照明を配置し、天井を高く見せる工夫をすることで、空間が広く感じられます。
また、窓を設けることで自然光を取り入れ、より明るく広がりを感じさせることが可能です。

□まとめ

このように、広い玄関は収納や使い勝手の面で多くのメリットがあります。
また、コンパクトな玄関でも、いくつかの工夫で広く感じる空間を作り出せます。
玄関を整えることは、快適な住空間作りの第一歩です。
どのような家庭にも応用可能なこれらのアイデアを取り入れて、機能的で魅力的な玄関を実現しましょう。

1ページ (全20ページ中)