おうちコラム&ブログ

米森 摩優 自己紹介へ

家の内装をおしゃれにするためのポイントについてご紹介します!

2021/04/20(火) お役立ち情報

「内装をおしゃれにするためにはどうすれば良いのか」
「内装はどのように決めていけば良いのだろうか」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

新しい住宅に住む際は内装もおしゃれにしたいものですよね。
そこで今回は家の内装をおしゃれにするためのポイントについてご紹介します。

□内装の決め方

新築住宅で内装を決める際にまず考えることはテイストです。
テイストには和風や西海岸風、モダンといったようにさまざまな種類が存在します。
お部屋全体を統一感のある雰囲気にするためには、テイストを揃えておくことをおすすめします。
雑誌やインターネットなどにある、インテリアの写真からお好きなものを選びながら考えていくと良いでしょう。

次に、使用する色を決めておくことが挙げられます。
一般的にお部屋の色は1部屋につき3色以内が良いと言われています。
理由としては単色であると少し単調な印象になってしまうことが挙げられます。
加えて、4色以上の色を使用すると雰囲気に統一感がなくなってしまうため、3色以内がおすすめです。

その際は、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーと言ったように役割を考えて取り入れることをおすすめします。

ベースカラーはお部屋の70パーセントを占める色で、白系の色が一般的です。
主に壁や天井の色がこのカラーに含まれます。

メインカラーはインテリアの色で、お部屋の25パーセントを占める色になります。
カーテンやソファーなどがメインカラーに含まれます。

アクセントカラーは5パーセントを占める色で、お部屋に置く小物や置物が含まれます。
このカラーには一般的に目立ちやすい色が使用されます。

これらに基づいてお部屋の配色を決めていくと、お部屋の印象は統一感のあるものになるでしょう。

□住宅をおしゃれにするためのポイント

先ほどは内装の決め方についてご紹介しました。
ここからは、さらに住宅をおしゃれにするためのポイントを2点ご紹介します。

ポイントの1つ目は、壁紙と床材のバランスを整えることが挙げられます。
壁紙と床材の特徴がかみ合っていないと、お部屋の雰囲気はあまりおしゃれにはなりません。
そのため、個性的な壁紙にする際は、床材の色を少し落ち着いたものにするといったようにお部屋全体でバランスを整えることをおすすめします。

2つ目は専門家にアドバイスを求めることです。
住宅を建てる際は理想が膨らみ、つい自分たちだけでデザインを考えたくなるものですよね。
ただ、しばらく考えているうちに、どうすれば良いのか分からなくなってしまうことがあります。

そんな時には、住宅会社に相談しアドバイスを求めてみましょう。
当社では、お客様が新しい家で叶えたいことについてお聞きした上で、最適なプランをご提案いたします。
そのため、お悩みの際はお気軽にお声掛けください。

□まとめ

今回は家の内装をおしゃれにするためのポイントをご紹介しました。
新築住宅の内装を決める際はぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。
また当社では、注文住宅に関するご相談を受け付けております。
注文住宅にご興味のある方はぜひお気軽にご連絡ください。

記事一覧

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ