おうちコラム&ブログ

米森 摩優 自己紹介へ

家づくりで後悔しないために!おすすめのオプションをご紹介!

2021/05/12(水) お役立ち情報

家づくりを検討中の方で、オプション選びにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
快適に生活を送れる住まいにするために、オプションをつけたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、人気のあるおすすめのオプションと、オプションをつける際の注意点を紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□人気のあるおすすめのオプションとは?

どのようなオプションはつけて良かったと感じるのでしょうか。
ここでは、つけて良かったと感じるおすすめのオプションを部屋ごとに紹介します。

まずはリビングルームです。
ここでは床暖房がおすすめです。
リビングは多くの方が一番長く過ごす部屋ですよね。
そこで足元から優しく暖めてくれる床暖房は大活躍でしょう。

次にキッチンです。
キッチンに取り入れたいおすすめのオプションは、パントリーです。
パントリーはキッチンをすっきりと整理させるために効果的な役割を果たすでしょう。

最後に居間や子供部屋です。
ここには、ウォークインクローゼットがおすすめです。
これがあることで部屋がすっきりと片付けられるでしょう。

□オプションをつける際の注意点をご紹介!

上記では、つけて良かったと思えるオプションについて紹介しました。
では反対に、後悔しやすいオプションとはどのようなものでしょうか。
ここからは、オプションをつける際の注意点をご紹介します。

1つ目は、キッチンに吊り戸棚をつけるというオプションです。
収納がたくさんあった方が良いと思い、吊り戸棚をつけようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、天井近くになると、踏み台がないと手が届かないというケースもあり、使用しなくなりがちです。
加えて、実際に吊り戸棚があるキッチンに立ってみると圧迫感があって狭く感じてしまう場合もあるのです。

2つ目は、床暖房の位置による失敗です。
せっかく床暖房をつけても家具の位置次第でうまく利用できないこともあるのです。

最後は、大きく作った床下収納が裏目に出てしまったという例です。
床下収納での収納料を増やすために深く作っておこうとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、深く作ると出し入れがしにくくなってしまうのです。

□まとめ

今回は、人気のあるオプションと、オプションをつける際の注意点を紹介しました。
キッチンの吊り戸棚や床下収納についての失敗例がありましたね。
位置や使い勝手の良さを意識してオプションの計画を立てましょう。
家づくりを検討される際に、この記事を参考にしていただければ幸いです。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ