おうちコラム&ブログ

有田 比呂志 自己紹介へ

風通しの良い家を作るにはどうすれば良いの?重要なポイントを解説します!

2022/05/04(水) お役立ち情報

快適な家を作るのに欠かせないのが、風通しの良さです。
風通しが良いと空気の循環が良くなり、居心地良く過ごせます。
そこで今回は、風通しの良い家にするためのポイントと窓作りを紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

□風通しを良くするポイントをご紹介!

風通しを良くするにはどうすれば良いのでしょうか。
ここでは、家の風通しを良くするために重要なポイントを2つご紹介します。

そのうちの1つが、窓から自然の風を取り入れることです。
風の通しを良くして快適に過ごすためには、外からの自然風を室内に取り入れることが大切です。
家の中に充満した汚れた空気を外に逃がし、新鮮な空気を取り込めるため心地よく生活できます。

2つ目のポイントは、空気を循環させることです。
窓を設置しても、位置によっては上手く風を通せない場合があります。
空気を取り込むこと以外にも大切なのは、室内の空気を循環させることです。

例えば、室内に換気扇を設置することで空気を循環させる役割をしてくれます。
キッチンやお風呂場などの限られた場所以外に、24時間換気をしてくれるシステムもあるためおすすめです。

□風通しの良い窓の作りとは?

外からの空気を取り入れるために必要な窓ですが、窓には風通しを良くするためにおすすめの種類や設置場所があります。
ここでは、2つの風通しの良い窓のポイントを紹介します。

*縦すべり窓を使用する

縦すべり窓とは、扉のように窓を開いて使用するものです。
他の窓とは違い、正面からの空気以外にも、開いた窓が横から吹く空気を室内に取り入れるため効率良く空気を室内に取り込めます。

*窓で風の出口を作る

窓は、風を取り込む入口だけではなく、出口を作ることも重要です。
例えば、部屋に1つだけ窓を付けるのではなく、2つ窓を設置することで空気の循環はより良くなります。
風の入口や出口となる窓を付けることで、室内に風の流れを作り出せるのです。

このように、風通しの良い家を作るには窓が大切なポイントとなります。
ただ単に窓を設置するのではなく、部屋の位置によっては窓の大きさや数を変えて効率的に風通しを良くさせる工夫をすることが大切です。

□まとめ

今回は、風通しの良い家にするためのポイントと窓作りを紹介しました。
風通しが良い家は、健康的で快適に暮らせるだけではなく家を清潔に保つために重要なポイントです。
当社は快適で心地良い住宅を実現しますので、ぜひお問合せください。

記事一覧

1ページ (全12ページ中)

ページトップへ