有田 比呂志 自己紹介へ

白を基調とした家の特徴やメリットなどを解説します!

2022/08/03(水) お役立ち情報

「白を基調とした家づくりをしたいが、おしゃれな外装に仕上げるコツを知りたい」
「外装だけでなく内装も白を基調としておしゃれにしたい」

白を基調とした家づくりをお考えの方は、以上のようなお悩みをお持ちではありませんか。

今回は、白を基調とした家づくりをおしゃれに仕上げるためのポイントについて解説します。

□白基調の外装をおしゃれに仕上げるコツ

以下より、3点の外装をおしゃれに仕上げるコツをご紹介します。

1点目は、シルエットを工夫することです。
住宅のシルエットを変えることで、住宅のイメージは大きく変わります。
さまざまな実例を見ることで、理想のシルエットを目指しましょう。

2点目は、窓の配置や種類を工夫することです。
白基調の外装は窓が目立つため、窓の配置や種類を工夫することでよりおしゃれな外装を実現できます。

3点目は、汚れが目立たないようにすることです。
白は最も汚れが目立つ色となっているため、汚れを目立たせないための工夫が必要です。
具体的には、軒を長めにしたり、汚れがつきにくい外壁材を選んだりすることなどが挙げられます。

□白基調の内装をおしゃれに仕上げるコツ

以下より4点の白基調の内装をおしゃれに仕上げるコツをご紹介します。

1点目は、家具の色のトーンを抑えることです。
家具の色が濃い場合、壁や天井が白かったとしても、家具が主張してしまいます。
家具の色のトーンを抑えることで、白基調のおしゃれな内装に近づけます。

2点目は、白で他の色を引き立たせることです。
壁や床などは白を基調にする一方で、ドアや階段などの色を他の色にすることで、他の色を引き立たせられます。

3点目は、緑を取り入れることです。
白基調の内装に緑色を取り入れることで、よりおしゃれな内装に近づけます。
具体的には、観葉植物などを設置することなどが挙げられます。

4点目は、白に近い色と組み合わせることです。
ベージュやアイボリー、白寄りのグレーなど、白に僅かに色味が加わった色と組み合わせることでよりおしゃれな内装を目指せます。
白一色の場合、無機質な空間と感じてしまう場合がありますが、2色を基調とすることで空間に立体感が生まれます。

また、白に近い色と組み合わせることで清潔感は崩さず、立体感を生むというメリットがあります。

□まとめ

今回は、白を基調とした家づくりをおしゃれに仕上げるためのポイントについて解説しました。
今回お伝えした情報を参考に、満足できる家づくりを目指してください。

1ページ (全13ページ中)