有田 比呂志 自己紹介へ

吹き抜け階段があるリビングは過ごしやすい?そのメリットをご紹介します!

2022/09/10(土) お役立ち情報

リビングに吹き抜け階段を作ることで得られるメリットとして開放感を演出できます。

しかし、リビングに吹き抜けの階段を作ることで寒さが心配されます。
そこで今回は、吹き抜け階段があることで得られるメリットと寒さで後悔しないための解決策について紹介します。

□吹き抜け階段があるリビングのメリット

1つ目は、圧倒的な解放感によっておしゃれな印象を与えることです。
吹き抜け階段にすることで、上り下りするだけの手段だけでなく階段の存在感が増します。
また、デザイン性にこだわることで内装インテリアとして家の雰囲気をおしゃれに感じさせることができます。
開放感を楽しみながら、家の一体感を高めることで家族とのコミュニケーションを活発にさせる効果が期待できます。

2つ目は、採光性・通風性を高められることです。
吹き抜けにすることで、窓からの自然な光や風の通り道が増えて、家全体の採光性と通風性を高めます。
また、家の区切りが減るので、家全体の温度が統一されます。

3つ目は、家族とのコミュニケーションが取りやすくなることです。
吹き抜けの階段はデザイン性だけでなくフロアの区切りが減るため、家族との接触が必然的に増えます。
そのため、コミュニケーションが取りやすくなり、家族間のつながりが守られます。

□寒さで後悔しないための解決策について

*吹き抜けによる後悔すること

リビングに吹き抜けを作ることで、区切りが減って通風性が増すことで寒さが心配されます。

しかし、この吹き抜けを取り入れた場合の寒さは、家の断熱性・機密性を高めることで解決できます。

*吹き抜けによる寒さの解決策

1つ目は、住宅を高断熱にすることです。
これにより寒い冬に家の外壁部分から内側部分に寒い空気が伝わりにくく、暖房によって魔法瓶のように家全体を快適な温度に保てます。
そのため、体感温度が高くなり、屋内の温度差を少なくできます。

2つ目は、住宅を高気密にすることです。
気密性が低い場合、暖房で部屋を暖めても、部屋の隙間から熱が逃げる可能性があります。
家の隙間を高気密にすることで、温かく快適な温度を持続させることができます。

□まとめ

吹き抜けによりたくさんのメリットがありますが、吹き抜けがあることで寒さが心配されます。

しかし、この心配は住宅を高断熱・高気密にすることで解決できます。
当社は、断熱材にフォームライトSLシリーズという吹き付け断熱を採用しており、素材にこだわっています。
ご不明な点があれば、ぜひ当社にご相談ください。

1ページ (全13ページ中)