画像

株式会社 匠アトリエフォー

代表取締役 有田 比呂志

 

 

●生年月日 1976年8月17日 B型

●生まれ 和歌山県和歌山市 生まれ

●趣味 旅行、読書、楽しい食事とお酒

●家族 妻、長男、長女、次女 5人家族 チワワ2匹

●略歴
1995年~1998年 和歌山市 住宅会社 住宅設備部 勤務
1998年~2000年 デジタルテクノ専門学校 建築学科 設計コース
2000年~2002年 第一工業大学 工学部 建築学科 意匠設計コース
2002年~2002年 マンションメーカー 東京本社 建築部 工事課 工事管理
2002年~2007年 和歌山市 地場建設会社 営業企画室

2008年  3月   匠Atelier-IV創業 代表に就く
2009年12月 株式会社 匠アトリエフォー設立 法人成り 代表取締役に就く

現在も継続し株式会社匠アトリエフォー代表取締役を務める

【家づくり建築】に対する想い

建築の発祥は外的要因から身を守るために派生したと言われております。古く昔々の話し雨風や獣や族から生命を守るためシェルターが始まりだと言われます。

建築物、お家は皆様の生命を守るための【モノ】でなくてはならないのです。丈夫で長持ちして後世にも住み継がれる『資産価値の高い家』であることは建築を生業とする我々にとっては当然のことであり義務でさえあると考えております。

皆様は建築基準法第一条(目的)をご存知でしょうか。『この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。』と記されております。

”最低の基準” 愛するご家族様を守る我が家が最低の基準でよいでしょうか…

今なお日本で建てられる木造住宅(在来工法、軸組工法)の多くは特例措置によって(4号特例)最低の基準である建築基準法で定められた構造計算(建物の骨組み等の強さを強度を確かめる計算のこと)をすることなく建築されています。

『一生に一度の家づくり』それでよいでしょうか...

弊社では構造計算をさせていただきます耐震等級は『3』建築基準法(最低の基準)の1.5倍の耐力があります。

安心安全な生活を送るために肝心要の構造を例に挙げましたが、素材、断熱、採光、採風などについても快適に豊かに暮らすための家づくりにおいては当たり前のことだと私は考えております。

また保証についてもご心配かと思いますが弊社では10年瑕疵担保保証は当然ながら最長60年まで保証が延長できるシステムを採用しております住宅業界でも最高クラスの保証であるかと存じます。同時に故障やトラブルの多い水廻り等の設備機器については10年延長保証をおつけしております。

このように安心安全に豊かに暮らすためのバックボーンは当たり前のこととしてご準備させていただいております。

ここでお伝えしたことがあります

家づくりにおいて、このような『スペック』の話しは当たり前だと存じます。

住まい手であるお客様に考えていただきたいのは【ストーリー】であります。

新しく構える新居で『どのような生活を実現をしたいのか』です。

・休日にはプライバシーの保たれた光と風の注ぐアウトリビングでご家族の皆様でブランチを楽しみたい!

・開放的なオープンキッチンで娘と腕を振るった手料理を仲良く作りたい!

・いつも泥だらけで帰宅する元気に外で遊ぶ息子が玄関から直ぐに洗面所で汚れを落とせる導線にしたい!

たくさん御家族様の叶えたい【ストーリー】があるはずなんです。

プロとして豊かに暮らす『スペック』は安心してお任せください!

お客様と語りたいのは『どのように住まわれたいか』新し住まいで実現したい”夢”のお話です。

弊社の『家づくり物語』の主人公は、”お客様の御家族”であり、私共つくり手は”パートナー”です!

お客様を豊かな暮らしに導く『家づくり物語』の導き手として家づくりの道を共に歩めることが私の誇りです。

匠アトリエフォーを家づくりの”パートナー”として選んでいただけることを心よりお待ち申し上げます!

お客様の『家づくり物語』謹んで受け賜りますお任せください!!

ページトップへ