おうちコラム&ブログ

有田 比呂志 自己紹介へ

家を建てられる方必見!マイホームの窓で後悔しないための方法を紹介します!

2021/04/28(水) お役立ち情報

マイホームを購入するのは、人生でも少ないことなので、細部までこだわりたいという方が多くいらっしゃると思います。
特に「窓」は、光を取り入れる上で最も重要なものなので、生活のクオリティーに関わります。
そこで今回は、住宅の窓を決める上で後悔しないための方法をご紹介します。

□窓に関する失敗例とその対処法を紹介

ここでは、実際に窓で失敗してしまった例をご紹介し、対策も合わせてご説明します。

*外観のことを考えておらず不格好になった

住宅を建てる際は、内側の便利さやおしゃれだけではなく、外観も気にする必要があります。
内側から見て、「ここに窓が欲しい」と思って付けてみると、外から見た際に全くバランスの取れていない住宅になっているかもしれません。
このようにならないためには、1階と2階の窓の幅で縦を合わせ、各階の窓の高さで横を合わせると良いでしょう。

*夏は暑く冬は寒くなってしまった

窓をたくさん設けて開放的な空間を演出しようとすると、その分外気と接触する部分大きく、外気の影響を受けやすくなります。
このような事態を避けるために、土地が決まり次第住宅が建つ方角を確認して、窓をどこに設置するかを考えるようにしましょう。
理由としては、実際に家づくりがスタートすると、窓のことを忘れてしまう可能性があるためです。

*家具を置きにくくなってしまった

ソファやテレビを壁づけしたい方もいらっしゃると思います。
このような場合に、設置場所を考えずに窓を設置してしまうと、理想的な部屋にならない恐れがあります。
この事態を避けるポイントは、使用する家具の寸法を測っておき、窓の位置を確定させる前に配置を確定させることです。

□マイホームの窓で考えておきたいこととは

窓のことで考えておきたいのは、種類と大きさと位置です。
種類としては、出窓や掃き出し窓、腰高窓などさまざまなものがあります。
大きさは、大きければ大きいほど採光しますが、大き過ぎると冷暖房が効きづらくなります。
また、窓の位置も高過ぎたり低過ぎたりすると、掃除やメンテナンスがしづらくなります。

これら3点を意識することで、快適な住空間を実現できるでしょう。

□まとめ

今回は、住宅の窓を決める上で後悔しないための方法をご紹介しました。
窓は、住宅の中に光を入れるための最も重要な部分です。
外からも見えるので、配置や形をできるだけ考えて設置する必要があります。
今回の記事を参考に、夢のマイホームづくりをしていただければ幸いです。

記事一覧|2021年4月

ページトップへ